本文へスキップ

水道水漏れ修理|水道・トイレの水漏れ・排水つまりの修理は札幌有限会社アールへ。

TEL. 0120-47-8919

〒063-0054札幌市西区宮の沢4条4丁目

水道管水漏れ修理や水道管工事・水道の赤さび対策など

水道管水漏れ修理、水道水漏れ、蛇口水漏れ、水道管の赤さび対策など、水道に関することなら札幌市水道局指定業者 (有)アールにご相談ください。年中無休で夜間の対応もしています。


水道水漏れ修理  キッチン裏からの水漏れ

水道水漏れ修理  水抜き栓からの水漏れ

水道修理・水道用ポンプ交換  ビルに設置された井戸用ポンプを交換しました。

井戸用ポンプの修理 ポンプのオーバーホールをしました。

トイレ水道管交換 水道管の赤サビが原因でボールタップが壊れるのを防止できます。

水道管水漏れ修理 ご自分で修理しようとしたら水道の鉄管が折れてしまいました。

水抜き栓交換工事 屋外の散水栓(水抜き栓)からの水漏れでした。

水道管水漏れ修理 台所裏の水道管からの水漏れに気が付かなかったので、台所が腐ってしまいました。

水道管水漏れ修理 ユニットバスの裏側からの水道管水漏れです。

水道管水漏れ修理 ほかの業者さんに壊された水道管の水漏れ修理です。

水道修理 水道管に設置している減圧弁が故障したので交換しました。

   水道管の水漏れです。「キッチンの下が、ちょっと濡れた感じになる・・」というお電話でさっそく調査に行きました。通常はキッチンの排水つまりが原因で、排水がもれてくるケースが多いのですが、今回は台所混合栓につながる、給水管に穴(ピンホール)が開いていました。写真の管はステンレス製のフレキシブル管でしたが、ステンレスでもサビてそこから水漏れすることは、あるんですな〜。マンションなどの場合は階下漏水なども危険もあるので早めに、ご相談ください。いや!絶対電話ください^^
札幌市中央区のお客様宅での水道管工事の様子です。
    水道局から水道代が高くなったから漏水している可能性があります」と言われたんですが、「水道局の人が見てもどこで水漏れしているかわからないので調べてください」。といわれて調べたところ、床下についている水抜き栓から水道が漏水していました。
水抜き栓も、20年前後経過すると、けっこう水漏れすることがあります。20年くらいのものだと通常は修理水漏れを直すことができますが、最初から「全部交換しないとだめですね」という業者さんは気をつけたほうが良いと思います。
札幌市手稲区のお客様宅での水抜き栓修理の様子です
      25年ほど前の、浅井戸用ポンプ貯水タンクから水漏れしたために、ポンプそのものを交換しました。井戸用と言っても、ここでは、受水槽に貯めた水道水を3階に上げるために使用していました。昔の機械式のポンプと違い今のポンプはインバータータイプなので水道の圧の変動も少ないですし、モーターの音も小さいです。インバーターは使用する水量に応じてモーターの回転数が変わるために電気代もお得になります。マンション受水槽に付いているポンプや地下水汲み上げようポンプなどある場合は、点検・交換などお気軽にご相談ください。日立・カワモト・エバラ・極東など国内のメーカーはほぼ扱っていますので、よろしくお願いします。マンションオーナー様、受水槽用のポンプを交換すると共用部の電気代などお得になりますので ^^ぜひヨロシク
札幌市西区のお客様宅でのポンプ交換工事の様子です。 

     札幌市南区のお客様宅で、井戸用ポンプのオーバーホールをしました。ここはポンプを以前に設置した業者さんがポンプのことをあまり知らなかったらしく、砂取を取り外してしまったためにポンプ内部がつまってひどい状態になっています。このときの作業はアキュームレーター・ファインセンサー・インペラ廻りの清掃をしました。どこもかしこも詰まってひどい状態です。錆びや泥・砂などが詰まらないように砂取の設置も必要ですね。
   

 水道管サビつまり 既設鉄管  札幌市手稲区のお客様宅でトイレ給水管の交換です。
上は古い鉄の管です。鉄の管が古くなると赤サビが出ます。それを放置しているとトイレタンク内部のボールタップという部品が傷む原因にもなります。トイレ水漏れで一度ボールタップを交換したりトイレをリフォームしたのにまた水漏れした場合などは、水道管から出てくる赤サビが原因の場合が多いです。トイレの給水管は短いので全部取り替えても大した金額にはなりませんから、ぜひみなさんも交換しましょう。
水道管を交換するだけで部品の消耗も防げるので一石二鳥だと思います。
 水道管水漏れ修理 銅管交換工事

 水道水漏れ修理。既設鉄管サビで折れた  札幌市手稲区のお客様宅での、水道管水漏れ修理です。水道管の途中が無くなっているのがわかりますかね?サビがひどく、水道が少し水漏れしていたのでお客様がご自分で「水道管の水漏れしているところを、閉めようとしたら折れた」とのことです。水道管に使われている既設の鉄管のサビがひどいので部分的に交換しました。
朝6時にお電話がきて、「いますぐ来てほしいんですが@@;」とのご依頼でした。電話帳には24時間営業とか年中無休など良いことばかり書いている業者が多いですが、実際には電話の受付だけで作業をまったくしていない業者さんが多いので、お客様も朝直しに来てくれるところを探すのに1時間近くかかったそうです。

 屋外水道管水漏れ修理工事 既設散水栓  水道管修理 既設水抜き栓錆びのため折れている   札幌市手稲区で、屋外の水道管の水漏れ修理です。一般的には散水栓と呼ばれていますね。写真の通り水抜き栓そのものが、経年劣化したために折れてしまっています。
水抜き栓は水道メーターからつながっている埋設引き込み管に接続されているために交換するには、下まで掘らなければいけません。さっそく掘ります。掘って掘って掘りまくります。写真に写っている剣先スコップの長さは950mmですから深く掘っているのがわかるかと思います。本来はもっと広い範囲を掘ったほうが工事が楽なのですが、横に排水管があって掘れません。新しい水抜き栓を設置して通水して、水道の水漏れがなければ埋め戻して工事完了です。
新しく設置したものは水抜き付水栓中と言われるもので、水抜き栓と立ち上がり管と内蔵されているものです。このタイプの散水栓は交換工賃と材料費などセットで¥53000円で作業が完了します。
 屋外水抜き栓交換工事 掘削工事 剣先1号長さ950  
 屋外水道管交換工事 水抜き栓設置工事  水道管交換工事 水抜き付水栓柱設置

  札幌市北区のお客様のお宅で水道管の水漏れを修理しました。夜9時ころにお電話で
「台所の元栓を開けると水の音がする。最近台所の下から水がにじんでくるようになった。」ということで、さっそく台所を外して調べます。台所のベニヤ板など全部水道水漏れが原因で腐っています。水道が水漏れしていたせいで、カビが大量発生しています。水漏れしているところは・・・水道の鉄管にピンホールが2ヵ所あります。応急的にその部分だけ修理して作業終了です。本来は家全体の水道管を交換したいくらいサビが全体的にひどいのですが、悪質なリフォーム屋さんのローンがあと5年残っているそうで、それが終わるまで工事をしたくてもできないそうです。サイディングの上張りとクロス張り替え工事・賃貸向けのキッチン交換・屋根塗装で、800万円ほどだったそうです・・・。同じ工事をうちに依頼してくれれば、240万円くらいで終わったのに。水道以外の工事をするときも一度ご相談ください。ハウスメーカーで最近はやりの「新築○○さん」のような工事もメーカーでは1800万という見積もりだったものが、うちの頼んでいる大工さんなら950万円くらいで工事ができました。業者さんによって価格はバラバラですので、一度ご相談ください。
 水道水漏れ修理 台所裏  水道水漏れ修理 水道管ピンホール1  水道管水漏れ修理 水道管ピンホール2

   札幌市中央区の古いマンションでの水漏れです。
ユニットバスの裏側の水道管から水漏れして、下の階に水漏れしていました。古い水道管の場合、水漏れしやすいので20年以上経過した場合は定期的な点検をお勧めします。マンションの場合下の階に水漏れすると、高額の修理代を請求されることも良くありますので、早めの対処が大事だと思います。

   札幌市白石区のお客様宅での水道管水漏れ修理です
水道の立ち上がり管が溶けて、穴があいているので水漏れしていました。これは、水道管凍結修理を依頼した業者が、やったらしいです。最近では、水道屋と名乗っていても、素人に毛が生えた程度の技術・知識しかない人も多くなっていますので、修理を頼むときには注意しましょう。個のお客様は「きゅうすいはいすいせつび」?電話帳に載っていた業者さんに、この水漏れの修理を頼んだところ「8万円はかかる」と言われたそうです。水道管交換が必要ですが、ポリ管の埋設部分から交換したとしても、3万円くらいの工事です。実際にはお客様に今回ご予算がありませんでしたので、床下で水道管を切断して新しい水道管に交換するという工事内容になりました。金額的にも2万円以内に抑えた工事内容で終了しました。
水道水漏れの工事は、急いでいるお客様が多いですが、水道工事を依頼するときは信頼できる業者さんを選びましょう。
 

  札幌市北区のお客様宅での水道減圧弁交換工事です。
減圧弁とは、水道管の水圧を一定に保つための器具です。水道管の水圧は時間によってバラバラです。夜は水圧が強くなりますし、朝6時くらいから夜の8時くらいまでは水圧が低くなります。そのために給湯ボイラーに温度ムラが出ないようにするために設置しています。減圧弁が壊れたために、水道の水圧が強くなったのでお客様が気が付きました。減圧弁が壊れた状態で使用していると、水道料金が上がったり、ボイラーが故障しやすくなる、古い水道管から水が漏れるなど、いろいろ悪影響が出ることがありますので、早めに交換しましょう。
     

       札幌市北区のお客様宅での、水道水漏れ修理です。
 「屋内の水抜き栓の周辺で水漏れしているみたいだ」というご依頼で調べたところ、水抜き栓本体から水漏れしていました。水抜き栓からの水道水漏れは、ピストン部分の修理で直ることが多いのですが、ピストン交換しても直ることが無かったので、水道水漏れを直すために、水抜き栓本体の交換をすることになりました。
 水抜き栓は、水道管の埋設部分に接続されているために、穴を掘って交換する必要がありますね。
 床下に入るところが、水抜き栓の近くにあったので、そこから潜って行って穴掘りです。
 床下での穴掘りは、土をあげるところがある程度ないとできませんので、場所や状況によっては、床自体に開口部を開ける必要がでてきます。
見てわかるとおり、かなり深いので大変です。
水抜き栓を交換したので、水道の水漏れ修理も無事終了です。
   
   

     札幌市中央区での埋設水道管水漏れ修理です
 水道局で検針に来た方が「水漏れてますが、水道が水漏れしている場所がわかりません」と言われたために調査に行きました。調査すると家の裏の土の中で水漏れしているのがわかったので、穴掘りです。排水枡2個に挟まれて、なぜか排水管を縫うように、配管されている水道管に工事は難航します・・・
左下の黒い2層ポリ管から左上に水が出ているのがわかりますかね?
本来であれば排水枡の両側まで全部掘り上げて水道管を交換したいところですが、築年数が35年で長く住む予定はないと言う事で、水道が水漏れしているところだけの修理です。
   

    札幌市東区でのトイレ水漏れ修理です。
トイレ横の基礎部分から水がしみだしていました。原因は水道の立ち上がり管の老朽化だと思われたのですが、台所下からトイレ下まで入って行って確認したところ基礎で囲ってありトイレの下まで入れないので、トイレの床を解体して工事することになりました。
 狭くて土をあげるところが無いので、廊下にブルーシートを引いてそこに土をあげて穴掘りですね。
35年近く前の物なのでついでに、水抜き栓も交換してしまいます。
水道管の埋設部分から、水抜き栓、水道立ち上がり管を交換します。床下の立ち上がりに以前は何も巻いていませんでしたが、水道凍結予防のために、ライトカバーも巻いておきます。
断熱用の発泡スチロールを引いて、垂木で床下地を組み上げて、コンパネを貼ります。
仕上げは、水に強いクッションフロアーを使用します。
模様は、白い大理石調の物ですね。
幅木も、ビニール製のソフト幅木に交換します
便器とトイレタンクを元に戻して終了です。
この程度の造作工事・内装工事であれば、別業者に依頼しないで、うちの職人だけですべての工事が終了しますから、責任施工ができますので安心です。
作業開始 午前9時半
作業終了 午後4時
で終了しました。

他の業者で屋内の水抜き栓の交換工事をして、同じような作業で30万円近い請求をされたお客様がいました。
 半額以下で工事は終了しますので、変な業者に頼む前に、お見積もりさせてください。
   
   
   
   
   



トイレつまり・排水つまり・トイレ修理・蛇口修理・水漏れ修理の解説や症状のご紹介

排水つまりや水道の水漏れ・トイレの修理などおまかせください

国家資格所持の専門スタッフがお客様を水のトラブルから守ります。水道の水漏れや排水管のつまり、トイレの急なトラブルなど修理いたします!修理だけでなく、水栓メーカーやボイラーメーカーもすべて扱っておりますのでご自身での修理の際にもぜひご相談ください。