ウォーターハンマー現象について

ウォーターハンマー現象とは、別名水撃作用とも呼ばれる現象です。水を使った時に関係ないところで、「ガタガタ」「ドーン・ドーン」「パチパチ」などと音が聞こえたり、振動が響くことがあります。水を出しているときに給水栓やバルブを急閉止すると、水の流速は一瞬でゼロになります。すると閉止した部分の上流側で水の持っていた速度のエネルギーが圧力エネルギーに変換して動水圧の圧力が急激に上昇します。急激に上昇した圧力は水道管の内部で均等になろうとします。均等になろうとした圧力波が今度は管路末端まで到達するとまた急閉止したバルブ側に戻ろうと行ったり来たりします。水道管内部で圧力が一定になるまで繰り返されます。逆にバルブや給水栓を急開放した時に起きることもあります。水撃作用は水道管や給水栓を破損する原因にもなります。
基本的にはバルブや給水栓などをゆっくり開け閉めすると起こりません。水道管の圧力が著しく過大であったり、不適当な流速などが原因で起こることがありますが、水撃の発生を完全に防ぐ施工方法は確立されていません。あまりにも水撃がひどい場合は「ウォーターハンマー防止逆止弁」などを設置することをおすすめします。