節水 水圧について

続節水!!
なぜか給湯ボイラーの写真です。
家の水道の圧は同じ地域で同じ条件(マンション・一戸建て)であればほぼ同じはずなのに、ほかの家に行ったときに、「うちの家より水圧が低いとか高い」とか感じたことありませんか?理由は、一般住宅の場合トイレと散水栓以外は給湯器の水圧に合わせてるからです。というのも給湯器は機種ごとにお湯を沸かす能力が違います。沸かす能力が低いタイプだと短時間で大量のお湯を吐出できないために、圧力を低く抑えています。逆に、沸かす能力が高いタイプだとたくさんお湯を吐出できるために、水圧が高くなります。これが俗にいう「減圧タイプ」「直圧タイプ」の違いです。直圧タイプでも温度ムラが出ないように減圧弁をつけて水圧を一定に保つのですが、通常の設定圧は2.0kが一般的です。減圧タイプは設定圧が0.8kが一般的です。ということは、同じ時間だけ、炊事をしたり、お風呂を使うと・・・直圧タイプは2.5倍水道を使う計算になります(水圧と流量は同じではありませんが、説明すると長くなるので説明は省略します)。なので給湯器の交換をご検討されている方は・・・・・・うちで交換してください^^