TOTOピュアレストEX水漏れ修理

札幌市北区のマンションのトイレからの水漏れです。

「トイレの水を流した後に、水が止まらなくで水が流れっぱなしになる」というご依頼でした。

トイレの水が止まらないという水漏れの原因ですがトイレタンクの内部金具の経年劣化によるものが多いです。

  1. ボールタップの(定位で水が止まらないのでオーバーフローする)
  2. フロートバルブ、排水弁部の不良(ゴムが劣化して閉じているのに水が止まらない」
  3. フロート弁トイレタンクレバーを接続する鎖、玉鎖の不良(鎖が引っ掛かり長さが短くなる等)
  4. トイレタンクレバー部の不良(水を流した後のレバーの戻り方が足りない)
  5. ボールタップのダイヤフラム部の不良
  6. タンク内の異物(洗浄剤)が引っ掛かる

便器に水が流れっぱなしの場合は、トイレのメーカー問わずこの辺の部品を直すとたいていの場合は解決します。

5番の場合はダイヤフラムの劣化とは別に、ストレーナーの清掃等で直る場合があります。ダイヤフラムとは圧力の差異で機能する膜(弁)なので、経年劣化でダイヤフラムがダメになっていなくても、ストレーナーにゴミやサビなどが詰まり、水圧が既定の水圧に達しない場合でも悪さをすることがあります。

部品の名称はメーカーによって違ったりしますが、トイレタンク「ロータンク」の基本的な構造は同じになります。今回の場合は一番下の「排水弁部」「フロート弁部」が原因で水漏れしています。水を流した後に下に「ピタッと」おりて水を止めなければいけないフロート弁がきっちりと下がらないのです。そこで排水弁廻りを清掃して水垢等を除去しました。きちんと作動するかと思いましたが、何回か水を流すと同じように水が流れっぱなしになりますので、その部品の交換をすることになりました。

ピュアレストEX SH321BAS修理フロート弁、または排水弁は一般的には部品が取り寄せできる部品になります。よほど特殊ではない限り30年経過しても部品として取り寄せすることが可能です。

余談ですが、一体型トイレと言われるタイプのトイレは部品の手配ができないことがよくありあます。一体型トイレとは、トイレタンクと、ウォシュレット(シャワートイレ)が一体になっている商品です。ウォシュレットが一体になっていることで、トイレタンク自体が電化製品と同じ扱いになっています。そのために10年過ぎると部品の供給が終了することがあります。またPL法や特許の関係なのか部品があっても「メーカーサービス」以外での作業を禁じている場合もあります。

トイレの交換を考えている場合は一体型はやめて便器、タンク、便座に分かれているタイプのおトイレをお勧めします。

ピュアレストEX SH321BAS展開図TOTOトイレタンクSH321BASの部品の展開図ですが「正確には内部樹脂タンクの展開図」ですが、赤丸の部品が必要になります。赤丸の部分には部品の型式,品番が記載されていません。これは部品として供給していないということになります。この部品は工場管理の組付け部品扱いのようなので、内部樹脂タンクの交換が必要になります。

ピュアレストEX 内部樹脂タンクこれが内部樹脂タンクになります。TOTOピュアレストEXのトイレタンクの陶器製のタンク、蓋以外のすべての部品がセットになっています。内部樹脂タンクの交換の方法ですが、トイレタンクの脱着が必要になります。作業は動画で確認していただいたほうがわかりやすいかと思います。

DIYで作業する方の参考になると良いなと思います。
ですが、自信が無いのに無理に自分での作業はやめたほうが良いと思います。自分でできるか自信が無い方は、住んでいる市町村の「指定給水装置工事事業者」にご相談ください。
「動画が参考になった」
「工事の動画が面白かった」
と思った方は
「チャンネル登録」
「高評価」
が今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

引っ越しの手続きがしたい等のご相談は札幌市水道局に直接ご相談ください。
「水道代が高くなった」水漏れ修理や水道工事、ボイラー工事のご相談はお電話ください。
(有)アール 0120478919 札幌市 石狩市 江別市 指定給水装置工事店
弊社で工事した場合は、水道局への「漏水の申請」「修繕工事の届出し」等は無料で行っています。