トイレの水の出方について

トイレタンクのフタの上にブルーレットの類のものを置いているお客様がいます。そのせいで水が上から跳ねないように止水栓もしくは水抜き栓で水量を調節されている方がいますが注意してください。水抜き栓は基本的には全開か全閉で使用するものなので、水流を絞った状態にすると水漏れすることがあります。上から出る水の量の調整をしたいだけならば、写真の「手洗い管」のソコをマイナスドライバーで回して上から出る水の量を調節してください。
注:ここの水の量を調節したからと言って、便器に流れる水の量が少なくなるわけではありません。