札幌市北区のお客様宅での、手すり取り付け工事

このときは介護保険を利用しました。以前トイレを交換したお客様のところで、「おじいちゃんが足元が危ないので何とかしてほしい」というご依頼で、バリアフリーだと予算的に無理なので家の中のおじい様の動線になるところに手すりを設置しました。

トイレは立ち上がるのがつらいということなので、両側にL字型の手すりを配置。

玄関は上り口のところと、横に手すりを設置。

お風呂は危ないので、浴槽の横と洗い場に設置して、浴室入口の段差手前に手すりを縦に設置しました。

トイレ玄関の手すりは、古い家なので壁の下地が少なくそのまま手すりを設置すると危険なため2X4材で補強しています。浴室は風呂場のモルタルがしっかりしていましたので、大きめのアンカーボルトを打ち込んで取り付けました。

設置した後、お客様にお話を伺ったら、「手すりがあると靴を履くのも、立ち上がるのも大変楽になった」と娘さんも喜んでくれたので大変うれしかったです。