トイレへの適正な流量の調節方法について

良くうちのトイレはたくさん水が流れると言われる方がいます。実際に水の流量を調整していない場合が多いので必要以上に水が多く流れている場合があります。そもそもトイレへの水の流量調整がなぜ必要かと言いますと
トイレタンク内部でトイレ水漏れを起こした場合に、トイレタンクから水があふれるのを防ぐ。
トイレを排水するときに必要以上に水を流さない。
トイレつまりが起きた時に、必要以上に便器から排水があふれないようにする。
こんなかんじかと思います。どうやって流量調整するかというと、下の写真のようなものを止水栓と言います。ハンドルがついていなくてマイナスドライバーで回すタイプのものもあります。これを回して調整するのです。

まずは、トイレタンクのフタを外します。
次にボールタップの浮きを水の中に沈めます。すると下から出てきているサイホン管というものの上部から水が便器のほうに流れていきます。浮きを下まで沈めた状態で、サイホン管よりも1センチメートル程度上に行くくらいの水の量が適正な水の流量です。

1センチ以上超えてどんどん水位が上がる場合は、万が一タンク内部で水漏れを起こした時にトイレタンクから水があふれますのでご注意ください。
水の量が多すぎるとフロートバルブが閉まるのに時間がかかりますから、その分余計に水が出ているということになります。