死水ってご存知ですか?
死水とは文字通り死んだ水です。お客様のところで稀に死水域といわれる水道管の状態を見たことがあります。水道水は通常は残留塩素によって、水が腐らないようになっているので、いつでも安心して水道水が飲めるのです。お客様がほかの業者で水道管工事をした時に、「洗濯機のお湯の管を使わないから止めてもらった。」「洗面所の横に台所があるので必要ないから洗面所だけ水を止めてもらった」「外の散水栓が水漏れして修理に高額の費用が掛かるからそこだけ止めてもらった」などで、その給水栓が付いていたところにプラグなどを付けて水が出ないようにしていると、プラグで止めたところまでの水道管が死水域になります。水道水の残留塩素は時間がたつと無くなります。さらに水が滞留(動かなくなる)していると簡単に腐った状態になります。それが死水と言われる状態です。腐った水が入った水道管が他の使用中の水道管とつながっていると腐った水がきれいな水道水と混合されるわけですから、とても悪い状態です。使わなくなった水道を止めるときはその水道管を分岐している箇所から止水しないとだめですね。
水は流動していると残留塩素が無くなっても腐りません。昔の人たちが、船で航海をしているときに海には海水しかないのに飲み水があったのはどうしてでしょうか?それは船に積んでいる水は、波や船の動きによって常に流動していたので腐らなかったのです。
死水に関しては水道局の指定業者でも気が付かずに施工していくときもありますのでお客様ご自身で気をつけましょう。