クロスコネクションについて

クロスコネクションとは混交配管とも言いますが、飲料水系統に汚染物質が混入する恐れがある配管のことです。お客様のところでたまに見ますが、地下水と水道水を併用しているお宅で、「井戸水が出なくなったら困るから、もしものために水道水とつないでもらった」「台所の水が地下水だけどお湯のほうが水道水で、混合水栓をつけてもらった」などです。今現在は地下水がきれいな水が出ているからと言って永久的にそうとは限りません。お客様のところでその説明をすると「やってくれた業者さんが親切だった」などと言いますが、水道の知識がないというだけです。地下水が汚染されたときに、近所で水道管工事などをして水道管が負圧(水道本管に吸い込まれる)になると水道管に汚染された水が流入します。汚染された水が流入すると地域全体が困ることになるのです。
食品工場などで使われている地下水の井戸に関しては通常50m以上で深いものは150mくらいのものもあるそうです。その位深ければ汚染される心配はないと思います。
札幌などで昔から使われていた一般家庭用の井戸ですが「うちの井戸は深いから大丈夫」と言われる方がいますが床の上に置いてあるタイプのポンプは通常、吸上げ揚程で10m未満です。実際に井戸の深さを測ると8m~5m程度の物がほとんどです。札幌などは町中に下水管が張り巡らされています。その深さとほとんど変わらない深さなのですから、いつ大腸菌などの汚染物質が混ざってもおかしくないということを覚えておきましょう。