札幌市中央区のお客様のところで水道管の交換工事

以前より水道水漏れの修理を何度かしたことがあったのですが、水道管の赤水がひどくなったので露出配管で交換しました。

天井裏に入っていた鉄管の見えるところだけを撤去して、壁伝いに新しい水道管・給湯管を施工しました。

写真で見るとわかると思いますが、水道管の露出配管と言っても、実際にはそれほど目立つことはありません。

古くなって水漏れしたとしても、見えているのですぐに修理できますし安心です。水道管自体は銅管を使用しています。一部の水道局・水道部などでは、「水道管に銅管を使用するのは殺菌効果が高くなる」などの理由で奨励している地域もあります。幼稚園などでは手洗い場のシンクそのものも、ステンレスではなくて銅にしているところもあるくらいなので、安全な商品だと思います。

個人的に思うことなのですが最近はやりの架橋PE管は施工が楽だというだけで、お客様にメリットがあるかどうかは疑問符が付いてしまいます。管自体はビニールで水漏れも少ないと思われます。しかし継手が水道が凍結した時に割れているのも見たことがあります。弊社では、ケースバイケースで銅管による露出配管・架橋PE管による隠蔽配管など使い分けていますので水道管の交換などお考えの場合はぜひ一度ご相談ください。